読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kobeniの日記

仕事・育児・伏し目がちなメガネ男子などについて考えています

初心者向けのブログサービスって結局、どこなのよ?

こんにちはkobeniです。皆さんいかがお過ごしですか。私は毎日、不機嫌なメガネ男子のことを考えて過ごしています。でも今日はメガネ男子の話じゃないよ!珍しくIT系の記事ですよ!
ママ友とまったり遊んでいた、土曜のある昼下がりのこと。いつものように、子供たちを部屋に放流し、ふたりでぬくぬくとコーヒーなど飲んでいたのですが、0歳赤子(下の子)をあやしながら彼女が
「あのさ… ○○(←私の本名)ちゃんてブログってやってる?」と聞いてきました。
(すわ、まさかのブログバレ…!!あああもうダメだ、そもそも「子供」なぞを媒介としている時点であまりにも脆い友情、こんな馬鹿げたブログがバレたとなればさては絶交宣言か…orz)などと一人グルグルしていたところ、
「ちょっと私、ブログをやってみたくて…どこでやればいいか教えてくれないかな?インターネットに詳しそうだから」
と聞かれたのでした。ホッ。よかった。絶交じゃなかった。というわけで今回は、「ネット初心者向けブログサービスって結局、どこなのよ?」ということを、非常に今更ですが、私のママ友をケーススタディとして考えてみたいと思います。先日、ワークライフバランス・カフェのパーティー(一個前の記事参照)で、「twitterやブログは興味があるけど、まだ本格活用できてない」という方々に、けっこう会いました。そういう方を意識して調べて、書いたので、良かったら読んでみてください。


■ どんなブログをやりたいのか

とりあえず彼女に、どんなブログをやってみたいのかヒアリングしました。

● 「アレルギーに対応したレシピや情報を載せるブログ」をやってみたい。
(子供がアレルギー持ちで、外食や、日々の食事で自分が試行錯誤した経験から)
●写真と、ちょっとした文章を載せる。
● ハンドル名で活動したい。(当面は、夫にバレたくない)
● パソコンはmac。ケータイはガラケー
mixiはしばらくやっていたが、仕事に復帰してから忙しくてやらなくなってしまった。今は二人目の育休中で、余裕ができた。
● オンラインショッピングは、たまにする。twitterfacebookはやってない。アフェリエイトも良く分からない。
● 知り合いには、どちらかというと読まれたくない。せっかくなので、見知らぬ人(子供のアレルギーで困っている人)に読んでもらいたい。

ね、なんかいいでしょ。よくよく聞くとすごく良い話だったんですよ。近くで彼女が、子供のアレルギーのために色々頑張ってるのを見ているため、純粋に応援したいなと思いました。
ちなみに周囲のママを見ていると、まだスマホよりガラケーが断然多いですし、彼女のITスキルはごく一般的なものかなと思ってます。


■ 初心者でも「楽に更新しやすい」&「ある程度読者がつく」ブログサービスとは

ブログをやったことがない彼女が、毎日楽しく更新できるために、大事なことは大きく二つかなと思いました。ひとつは、PC全般苦手だと言う彼女でも「更新作業が簡単で、感覚的にできる」こと。もうひとつは、「過疎らない。ある程度、誰かが読んでくれる」という状態をキープできること。
ブロガーが一番いじるのが「編集画面」ですから、そこの使い勝手、そしてガラケーからの投稿が容易か、をまずチェック。そして、「開設したはいいが、誰も見に来ない」となれば更新意欲が下がってしまいます。なので、なんらかのコミュニティ機能=他者が読みに来るための仕組みを、サービス内で担保できているかどうか?を次にチェック。(サービス外からのアクセス確保については後述します)
そして、彼女は「オシャレな雑貨やインテリアが好き」な子なので、ブログデザインがあんまりダサいと嫌がるだろうな…と思いました。なので補助的な項目として、「デザインテンプレの良さ」もチェックすることにしました。(HTMLやCSSなんて一切触れませんから、自分ではデザインカスタマイズをしない前提です)


■FC2・アメブロ、+αとしてエキサイトブログ

twitterで聞いたり、詳しい人に直接聞いて、名前がよく挙がったのがFC2とアメブロ・エキブロでした。

・FC2
FC2 -無料ブログ 無料動画 無料ホームページ レンタルサーバー 無料アクセス解析 SEO対策ツールなど-

FC2は、謎な会社が運営していると噂ですが、カスタマイズが自由、アフェリエイトが無料。ブログに関しては一通りのサービスを提供しており、ユーザー数が非常に多い。ユーザーがつくったテンプレートも提供しているせいか、テンプレの数が膨大です。ただし、別にそんなにオシャレではないです。
FC2ブログをやっている人同士がつながっているかというと、それはあまりないようです。つまりコミュニティ機能は弱い。アフェリエイトを自由にやりたい人や、CSSを自由にカスタマイズできるスキルがある人は、FC2が良いかもしれません。しかし、ブログコンテンツ制限があまりないせいか、アダルトなブログなども多く存在するっぽく、友達に薦める時にちょっとアレかしら…と思うところはありました。


私の知ってるステキFC2ブログ→「買い物は怪物」
買物は怪物 Shopping is a Monster.

・アメブロ
Ameba (アメーバ)|無料ブログ・コミュニティ&ゲーム SNS

「国内NO.1のブログサービス」(何をもって…?)を名乗っているアメーバブログです。編集画面のUI(触り心地)も、非常に感覚的で使いやすそうな印象です。文字をデコレーションしたり写真を入れたりの作業がラクで、編集画面を見た通りにプレビューに反映されます(変にHTMLタグをいじらせない、というのは初心者向けには必須だと思う)。
また、コミュニティ機能もかなり充実してます。初心者が、自分のブログに読者を集めようと思ったら、まずは自分が(他の人のブログの)読者になり、そこから相手に読みに来てもらう。という方法がてっとり早いと思います。その点、アメブロでは「読者になる」機能を始め、「なう」など他のサービスとIDを紐づけて使用することで、アメブロ内で知り合いができやすそう。また、そもそも「No.1ブログサービス」というだけあり、リアルでの知り合いが既にアメブロを開設している(そこから読者が増える)ということも、期待できそうですよね。
…なんですけど、当たり前ですが全てのサービスが「アメブロテイスト」になるので、あの「ピグ」に代表されるカワイイ感じ、デコった感じがあまり好きじゃない場合、どんなに機能が優れていても、なんだかすべてがイヤになるという可能性はあります。サービス自体に、twitter連携ボタンが備わってないあたり(おそらく自力で設置しなくてはならない)、ブログサービス内囲い込みパネェ…といった感があります。

アメブロ最強説については、うたねこちゃんが書いてくれました。アメブロで。
はたしてアメブロは最強なのか。|Utatane通信

エキサイトブログ
エキサイトブログ (blog)|無料で簡単にブログを作成したい方におすすめ

私がtwitterで聞いたところ、意外と名前が挙がったのがエキブロでした。使い勝手や、提供されているサービスの使い心地についてはいたって「ふつう」、むしろ数年前からそんなに進化してない?といった感。エキブロトップを見ると、なぜか「トラバ」が連呼されており、なんか懐かしいなトラバ…と思ってしまいました(トラックバック、の略です。あとはググってみてください)
エキブロの良いところは、編集部が頑張っているところ。「ブログtoメディア」(みんなの投稿ブログ│ウーマンエキサイト)という、ブログ記事ピックアップのコーナーがあり、ここがエキブロらしさづくりを果たしている(編集部による、「これがエキブロらしさだ!」という気概を感じる)気がします。…しかし、ここが読まれているのかは謎です。
また、ブログテンプレートのデザインは、3つの中で一番良いと思いました。「よこブログ」という、横スクロールのブログデザインがあって、画期的!写真ブロガーに良さそうですね。
エキブロには、物作り系、クリエイター系の人が集まっているようで、多少の横のつながりもありそうですよ。



初心者向け(特に、私が今回イメージしたのはママ友)に、気になりそうな項目をピックアップした比較表もつくってみたよ。編集画面の使いやすさ以外にも、たとえば「途中で、親戚や家族のみ公開に変更したくなった」というケースがありそうだな。とか、簡易なエディタがついてたら喜ばれるかな。など、項目の観点も工夫してみました。なにか間違いあったらご指摘ください。随時修正します。

クリックして拡大!


※表について追記:FC2ブログは、「画像高速表示」をOFFにすると、一ヶ月後に消すことができるそうです。そうすると表示が少し遅くなりますが。



twitter、レシピブログ… 外のサービスから読者を集める場合

私のママ友は「アレルギー対応レシピブログ」をやりたいと言っていたので、似たようなブログを調べてみました。すると、お料理系のブログは「レシピブログ」というサービスのバナーを貼っている人が多いことが分かりました。そのジャンルに特化した、外のランキングサービスってことですね。
ブログサービス内にランキングを持っていたり、ブログピックアップのコーナーがあったり、各社いろいろ努力していますが、今はたとえばtwitterや、レシピブログのような「外のサービスで読者を集める」という方法が主流になってきていると思います。「ブログ村」とかも、そうだよね。
アメブロとtwitterを併用している方が、「twitterでしばらく活動していると、アメブロの方に『読者』が増えている」ことがあると教えてくれました。ブログ更新の告知をtwitterに流すと、そっちから人が読みに来てくれる、というわけね。
ただし、私のママ友はtwitterにも登録していないので、ブログとtwitterを両方始めよう。というのは、ちょっと大変かなあ?と思ったりしました。ブログ内サービスで完結できそうか、あるいは外のサービスも併用するかは、どの程度の読者数を期待するかにも依ると思います。

「ちゃんとたくさんの人に読まれたい」「全然読者が来なくてさみしい」という人向けに、zenbackという外部サービスもあります。
Zenbackであなたのブログに全てのフィードバックを。
このブログにも設置されてますよ。記事の一番下を見てみてください。ソーシャルボタンが一気に設置できるし、自分のブログの反応について見落としがないので良いです。とりあえずちょっと頑張って、ブログとtwitterを開設し、zenbackをつけてスタートしてみるのも良いかもね。twitterでは、自分(のブログ)と興味が近そうな人を、とにかくたくさんフォローするところから。


■ ブログ内サービスとtwitterでの、人の集まり方の違い

個人的に思うのですが、やはり「ワンテーマ」でブログを書いていった方が、読者は集めやすいように思います。特にtwitterはそれが顕著な気がします。私の場合ワーキングマザーネタを書くことが多く、twitterのフォロワーはそこに興味を持った方が多くなっています。良くも悪くも今の時代は、他人によって自分が「コンテンツとしてタグを貼られている」様な状態がフツウなわけでして、そうすると私はtwitterでは「ワーキングマザー系の情報を流す人」としてタグづけされている、ということです。ブログをワンテーマで書いたら、twitterでも「あれ系のブログを書いてる、あれ系の情報を流す人」として認識されるわけで、一定の読者は期待できるんじゃないでしょうか。
けれど書く方としては、「(ワンテーマと言わず)いろんなこと書きたい」という気にもなりますよね。レシピ以外にも、ちょっと家族で遊びに行ったことも書きたいとか。どんな記事でも読んでくれる、定常的な読者は、ブログ内サービスの方がつきやすい気がします。(これは、あくまで私の主観です。ブログ内サービスの方が、読まれていることが「可視化されやすい」と言った方が適切かなあ)。twitterfacebookなどのSNSサービスでは、どうしても、ブログが「記事単位」で拡散されて行きますからね。そんな中、「どんな記事でも読みに来てくれる人」というのが、実はブロガーにとっては一番大切なお客さんである気がします。
アメブロやはてなのような、ID紐づけでいろんなサービスを使わせるブログサービスの場合、ID=人と認識されやすく、いい意味で「その人のファン」をつけていく機能となっているのかもしれません。私も、好きな人のはてなダイアリー・ブログを読みながら、その人のブックマークコメントまで舐めるように見る…というような、若干ストーカーのような行為をよくやっていますよ…フフフ…

ちなみにこの他にも、初心者向けとしてはgooブログとか、シーサー、ライブドアブログとかの名前が挙がりました。私が調べきれなかったので割愛します。すみません。

長くなりましたが、とりあえず私のママ友には、このサービス3つの話+twitterも使う?という話をしてみようと思いました。



■そして、はてなの話ですが

えーと私の愛するはてなの話ですが、「なぜはてなを薦めないのか」というところで行くと、今ちょうど、はてなダイアリーはてなブログの移行時期で、はてなブログがベータのため、未完成・未移行の部分が多いんですよね…というのが、ちょっとオススメを躊躇させるところであります。
「ブログサービス内コミュニティ」というか、「IDを人と認識させて、読者をある程度呼んでくる」という仕組みは、アメブロとはてなの二つが強いなと思ってます。けしてお世辞じゃないよセニョール。
ただし、現在のはてなは「良く言えばアカデミー、悪く言えば村」ですから、盛り上がる話題がけっこう限定的です。社会問題全般、政治、サイエンス、研究・学問、IT、ハックルさんなど、なんとなく全体的に男子男子していますね… ブクマガールズ*1を見ていても、個人のブログ記事はあまり挙がっておらず、エンタメ系ニュースが多いもんなあ。ここに「レシピ」とか「手作り」とかのブログ記事を持ってきて大丈夫なのか…!はっ、はてなってそもそも女子ユーザーが少ないのでは…!もしかして。でも今後、ユーザーが増えたら変わってくるかもですよね。


■「スター」「ブクマ」という奥ゆかしいFBシステム

twitterでご意見くださった方に、「アメブロやってたんですけど、コメント返しが面倒くさくなっちゃって」という方がいました。確かに、コメントだといちいち返信しなきゃ!って気になって、ちょっと面倒ですよね。その点、はてなのブックマークコメントは、自分のメモ用にクリップしておきつつ、感想を残すことができるので便利です。ブックマークコメントを知らない方は、この記事のタイトルすぐ下にある「●●users」という赤いところをクリックしてみてくださいね!
あと、はてなはやっぱりはてなスターが秀逸です。「いいね」ボタンなんてものがこの世にはありますが、あれ汎用性低いですよね。「飼っていた猫が亡くなりました…15才でした」→「いいね!」ってわけにもいかないし、「男性の育児休暇取得比率向上こそ、我が国の課題だと再認識しました」→「いいね!」ってなんか話聞いてない彼氏か!みたいな。その点スターはいいですよ。無言で☆をつけることで「読んだよ」「よかったね」「大変だったね」「ありがとう」など様々な感情を、こちらが勝手にスターに込めることができます。
しかも、「ここが良かった」という箇所を引用して「私ちゃんと読んでる!読んでるよ!」感を演出することもできる(引用スター)。そして「これは全俺が泣いた」みたいに、いつにも増して誉めたい場合は、緑とか赤とか、色のついた☆をあげればよいのです。いやー、はてなスターすばらしい。拍手とか足跡とかより優れてる。ちなみに、はてなを使っている人は、twitterのふぁぼが通知されるようになったのをいいことに、スターの気分でふぁぼってると思います。私もそういう風に使ってます。お礼とか、読んだよとか、がんばれとか。
こう考えるとはてなは、照れ屋で口ベタな日本人をよく理解したFBシステムを提供していますね。これこそ伏し目がち男子向きのサービスです。きっとサービスを作っている人もみんな伏し目がちなんでしょう。そんな不器用メガネ男子たちが作ってると思えば、デザインテンプレがかわいくないのも許せるよね!許せないか!デザインがんばって欲しい!
はてなブログになって、「読者になる」ボタンができたことで、コミュニティ機能・FB機能は更に強化されたことになりそうですね。

「はてなはこわい」「ブクマは荒れる」といったお話については、用法容量を守ればそうでもないと思われますよ…これはまた別の機会に!


※さっきの比較表に、はてなを(期待感込みで)追加するとこうなる。(クリックしてさらに、オリジナルサイズで見てね)

■ ハンドルネームでの活動ってどうよ

私が本格的にブログを始めるきっかけになったのは、育児休暇中でヒマだった事と、はてなのホッテントリ*2を読み物として読んでいたら、自分の意見を書いてみたくなった…という二点でした。常々、仕事ではできないこともやってみたい。と思っていたのですが、ブログがその気持を思い出させてくれた感じです。はてなでユーザー名を登録しなくてはいけないので、なんとなくkobeni_08とつけたのが、このハンドルネームを使いはじめたきっかけです。

ブログを始めてそろそろ3年になりますが、ハンドルネームだけで活動していて特に不自由は無かったです。はてな内ではみんなハンドルネームだし、twitterもはてなと同じアイコン・ハンドルの人が多かったし、連絡はメールアドレス公開しているし。けれど最近、facebookが隆盛で、ハンドル(半匿名)だと限界あるかなあ…と思われている方もいるかもしれません。確かに、現実+web上での活動が全てひとつのID・名前で紐づいていた方が、これからの時代、色々とラクだし、たとえば自分の名前(本名)を売っていくには、都合がいい点も多いと思います。
けれど、最初のママ友の話に戻りますが、「しばらくは夫(身内)にヒミツで始めてみたい」というニーズがあるのも、私は良く分かります。せっかく新しいことを始めるんだから、これまでの自分とは違う感じのことをやってみたい。近くにいる人にはバカにされたけど、もしかして「良いじゃん」と言ってくれる人が、どこかにいるかもしれない。会社ではニコニコなんでも同調しやすい私だけど、実は世の中に一言物申したいのだ…!というような、「精神的・実利的な自由」を尊重したい場合は、ハンドルネームで始めても良いんじゃないでしょうか。やっぱり名前出したいなと思った時に、徐々に出していけばよいと思いますし。私もまあ、ブログからなんらか身元がバレたとしても、特にやましいことはありませんが、やっぱりブログ書いてる時は、所属・肩書き等から離れていることもあり、気分はフリーダムですね。何からも離れているということは、逆に言えば何にも頼れないわけです。ここに書いてあること(と、その積み上げ)だけで勝負です。だから自分が本当に面白い・やってみたい・言うべきだと思ったことを試す・書くようになっていきました。そしてその結果……ここが自分の精神的本拠地になってきてる感じですw
(あとねえ私の場合は、mixi日記で長文書いて、リアル知り合いを中心とした友人に「あしあとはついているが、良いとも悪いとも反応されなかった」という悲しい過去があり、「もうああいうのええわ!!」ってトラウマが… クローズドSNSから離れてしまうのはそういう理由です)
ハンドルネームは、ペンネームのような気持でつけるのが一番良いかもしれません。オフ会で呼びにくい名前はやめときましょう。せめて人間らしく。
日本だとまだまだ、会社などの所属組織のことを気にしてしまう…という人はいるんじゃないでしょうか。組織にいる人でも、公序良俗に反しなければ、個人の活動がおおらかに認められていく世の中になればいいなあ。という気はしますね。


ということで、参考になりましたでしょうか?「ブログ(やtwitter)で、オープンに発信していくこと」については、ちょっとだけお手伝いしているHUG (hatena users group)TOKYOでも主題になる予定ですので、ご興味ある方は3/31あけておいてくださいね。
詳しくは→はてなと何かやりたい日記。

※そして後日談ですが、↑上記の話をママ友にプレゼンしたところ、「やっぱりデザインが良い方がいいので、エキサイトブログでやってみる(twitterも始める)」だそうです。ITに疎いので、事前に色々サービスを見ていた時、カウンターひとつのつけ方も、ヘルプを見てもよく分からなかった…と不安・不満をもらしていました。ブログサービス各社さん、初心に帰って頑張っていただきたい!


twitterでご意見くださった方、あらためてありがとうございました。special thanxx @

*1:はてなの女子向けコンテンツを集めて見ることができるiphoneアプリ

*2:=ホットエントリー。ここの「最近人気記事」のことです http://www.hatena.ne.jp/